宮城教育大学 賃貸マンション

宮城教育大学は、宮城県仙台市青葉区に本部を置く日本の国立大学で、1965年に設置され、大学の略称は宮教大(みやきょうだい)、宮教(みやきょう)です。

全国に11ある国立系の教員養成大学の一つであり、東北では唯一の国立系の教員養成大学で、教員がおよそ120名、学生・院生あわせて1700名ほどが在籍しているそうです。

教育学部には、大きく教育学系統と教員養成系統との二つがあり、旧帝国大学の教育学部は教育そのものの研究をする前者で、宮城教育大学は後者になります。

仙台以外の旧帝国大学の所在地では、教員養成系統の教育学部は置かれず、教員養成課程は旧制師範学校を元にした単科の学芸大学に置かれていたそうですが、宮城教育大学の設置によって、仙台でも他の旧帝大所在地と同様になったそうです。

青葉山キャンパスは、仙台市青葉区の青葉山中腹にあり、宮城教育大学の主要な施設はほぼこのキャンパスに存在していて、東北大学青葉山キャンパスに隣接しています。

仙台駅西口のバス乗り場から仙台市営バスが出ていて、宮教大前バス停までの所要時間は約20分です。

2015年には、近隣に仙台市地下鉄東西線の青葉山駅(仮称)が開業の予定だとのこと。

上杉キャンパスは、市中央部にあり、附属学校園として幼稚園・小学校・中学校が置かれていて、教育臨床研究センターがあり、初等教育教員養成において重要な役割を果たしています。

宮城県立盲学校・仙台市立上杉山中学校・東北大学農学部に隣接していて、最寄り駅はJR仙山線東照宮駅で、徒歩10分です。

また北仙台駅や仙台市地下鉄北四番丁駅からは徒歩15分ほど、仙台駅西口のバス乗り場から市営バスが出ていて、附属小学校前バス停までの所要時間は約20分です。

青葉山キャンパスと直接連絡する交通手段は存在しないため、バスで移動する場合は仙台駅で乗り換えを行う必要があるようです。

これから、この大学で勉強する学生さん、宮城教育大学 賃貸マンション探しは是非当社にお任せください。

その他のおすすめコラム