新たに物件を買われる家主様へ ~ 向き合わなければならないリスク

空室、老朽化、家賃滞納、地価下落、金利上昇、事故、災害……。
新しく物件を購入し、経営していくにあたってこのようなリスクは避けては通れません。
賃貸経営の事業計画をたてる際に、あらかじめリスクを認識し、心構えと対策をしなければなりません。

空室リスク

投資物件では、空室のリスクを考えておかなければなりません。
入居率は賃貸経営の生命線。入居率が低下すると、見込んでいた収入(家賃)が入らずに、大きな損害に直結してしまいます。
また入居率が低下した際に必要となる解決策が、物件によって大きく異なる点もポイントです。

→リスクを負わないために

まず物件を購入する時に、空室になる危険性を慎重に判断して、事業計画を立てなくてはなりません。また、物件の入居者層をあらかじめ把握しておき、入居者のニーズを認識しておくことも大切です。
→空室対策に適した入居者の募集方法はこちら
→それでも空室状態が生まれてしまうときは

家賃滞納リスク

家賃滞納はその名の通り、期限までに定められた家賃が振り込まれないというリスクです。
家賃滞納者がいれば、満室であっても収益の観点からは空室と等しいことになります。次の募集ができないという点では、空室のほうがまだ良いとすら言えるかもしれません。
家賃の滞納者には、管理会社が粘り強く対応を行うことになり、大家様と管理会社にとって頭の痛い問題になりかねません。

→リスクを負わないために

入居前の審査の強化や保証会社加入を義務付けるなどといった、トラブルを未然に防ぐ対応が有効です。また、銀行振込ではなく口座引落しにすることで、より滞納の発生率を抑えることができます。
入居審査と滞納対策の詳細はこちら

建物・設備老朽化リスク

建物や設備の老朽化は、どんな物件であれいつかは生じるリスクです。
築年数や経年劣化は、物件としての価値や入居率にも大きく関わってくる問題となります。
また、内装や設備のリフォームなどが必要になってくると、そのぶん出費が増え、経営上のリスクとなります。そうなると、当初予定していた収益が下がってしまうことを覚悟しなければなりません。

→リスクを負わないために

まず物件の購入時に、修繕費用がどのくらいかかるか調査をしておきます。そして事業計画において、毎年の修繕費を計上しておき、突然の出費にも対応できるようにしておくことをおすすめします。

事故・災害リスク

近年では東日本大震災が記憶に新しいですが、事故や災害は注意していても、いつ何時起こるかわかりません。事故・災害は予想がつかないうえ、起こると大規模な損害につながってしまいます。
事故や災害が常に起こりうるという意識を持ち、万一の場合に備えることが重要です。

→リスクを負わないために

万一の備えとして、火災保険以外にも、地震保険や施設賠償保険に加入することを推奨します。

管理システム詳細

弊社の物件管理システム詳細はこちら

管理業務ポイント

管理業務のポイント

賃貸経営リスク

新たに物件を買われる家主様へ~向き合わなければならないリスク

入居率UPのご提案

現在賃貸経営を行っている家主様へ入居率UPのご提案

空室保証のご紹介

オーナー様の不安を軽減する空室保証サービスのご提案
物件のご相談

仙台の賃貸マンション・アパート等の不動産管理委託についてお問い合わせはこちら