賃貸経営のパートナーとして

長期的な賃貸経営を行なっていくうえで考えなければならないのが、いかに入居率を増やすかという方法です。
特に、物件の空室が目立ってきてしまった場合、そのような解決策を講じるのかが非常に重要になってきます。そして問題の解決のためには、弊社と大家様の信頼関係が大きな要素となってきます。すなわち、大家様と管理会社が同じ目線に立ち、意見を交わしながら問題解決を目指すことが大切なのです。
このページでは、入居率の向上に向けた解決策をご提案しています。

入居率の向上に向けて

第一段階

:状況把握。

空室が埋まらない際は、その物件の置かれている状況を把握することから始める必要があります。
まずは、競合物件とご自分の物件を比較してみましょう。競合物件とは、賃料、間取り、グレード、エリアなどの面で、同水準にあると考えられる物件を指します。つまりは、賃貸経営していくうえで、ライバルとなる物件といえるでしょう。

つづいて、家賃や設備、間取り、周辺環境などの条件を比較してみましょう。重要なのは、ご自分の物件の客観的な評価を再認識することです。
その結果、さまざまな条件の中で見直すべき点や妥協できる点が見えてくるのです。

特に空室が、目立ち始めた際には、まずは弊社から大家様に対し働きかけを行ない、具体的な提案をさせていただきます。また賃貸経営について何かご不安をお持ちの大家様は、ぜひとも弊社までご相談ください。

最新の賃貸事情などの専門的な知識や、親身な対応で、大家様とともに解決策を模索していきます。

第二段階

:具体的な施策

状況把握のあとは、具体的に施策を考えていきます。
例えば、条件にはあまり問題がないにもかかわらず、お客様から魅力がないと考えられてしまっている物件では、より効果的な物件のアピールが必要となります。

また競合物件が多い場合には、ほかの仲介会社との連携を強化するために、広告料などの手数料を競合物件よりも多く支払うといった方法も考えられます。
競合物件と比べて、設備の面で多少見劣りしてしまう場合には、設備の新調や改善なども考えられるでしょう。
そのほかに礼金をカットし、お客様の目に留まりやすくするなどといった方法もあります。

第三段階

:計画の大幅な見直し

それでも空室が埋まらない場合には、さらに大きな計画の見直しが必要となります。
まず賃料を下げ、お客様の目に留まりやすくするという方法があります。また、設備を大幅に強化し、利便性を高めるなどの方法も考えられます。

さらには、外観の塗替え工事などにより、物件のイメージを大きく変えるなどの手段もあります。場合によっては、売却を行ない、大家様の不安を解消するという手段も視野にいれる必要があります。

この段階になると、購入時の事業計画とは大きく違った方向に舵を切らざるをえません。
このような大きな計画の変更の際は、大家様も非常に不安を感じることと思います。こういった場合にも、弊社がよりお客様の目線に立った解決策を提示いたします。
またこのような状態になる前から、早めに協議を行ない、ともに手を取り合って、解決の糸口をさがすことが大切なのです。

管理システム詳細

弊社の物件管理システム詳細はこちら

管理業務ポイント

管理業務のポイント

賃貸経営リスク

新たに物件を買われる家主様へ~向き合わなければならないリスク

入居率UPのご提案

現在賃貸経営を行っている家主様へ入居率UPのご提案

空室保証のご紹介

オーナー様の不安を軽減する空室保証サービスのご提案
物件のご相談

仙台の賃貸マンション・アパート等の不動産管理委託についてお問い合わせはこちら