連帯保証人不要の賃貸物件特集

一般に、部屋を借りるときは、契約者とは別に、「連帯保証人」が必要になります。
「連帯保証人」は、契約者が賃料などの経費を滞納した場合に、代わりにその全額を支払う義務を負います。連帯保証人が管理会社から支払い請求を受けた場合は、たとえ契約者に支払う能力があっても、必ず支払わなければなりません。重い責任が伴うため、連帯保証人には、通常両親をはじめとする親族が中心となり、相応の収入があることなどが条件となります。
しかし、物件によっては、家賃保証会社を付けることで、連帯保証人を省くことができます。家賃保証会社を利用すると、連帯保証人が不要であるため、契約手続きがスムーズに行えます。また、連帯保証人が不要な物件は、家賃が安価であったり、敷金・礼金などの初期費用が比較的抑えられる傾向にあります。
一方で、保証会社の利用時には、初回に保証会社への加入料、及び毎年の年会費の支払いが必要です。また、物件の数が限られているため、ご希望の条件に沿った物件が見つからないこともあります。間取りや立地に関しては、柔軟なお部屋探しが必要です。
この一覧の物件は、両親が高齢である、兄弟がいないなどの理由で連帯保証人にお悩みの方へおすすめです。

合計0件の物件が見つかりました。

気に入った物件はお気に入りボタンを押すと、お気に入り物件として登録できます。
登録した物件は、サイドメニューに表示され、いつでも閲覧できます。
また、お気に入り物件をまとめてお問い合わせすることも可能です。