仙台市のエリア紹介コラム

地図
  • 青葉区
  • 宮城野区
  • 若林区
  • 太白区
  • 泉区

Twitterでも街や物件に関する情報を発信しています。よろしければこちらもご覧ください。

青葉区エリアのご紹介

青葉区は、市制100周年を迎えた平成元年4月、仙台市が政令指定都市に移行するのにあわせて誕生しました。

青葉区は仙台都心部から山形県境まで北西方向に広がっており、東西を結ぶように広瀬川の清流が流れています。仙台市の5つの区の中では人口・面積ともに最大であり、東北の中心都市としての機能と豊かな自然環境が共存しています。

青葉区の都心部には行政機関・金融機関・商業施設などが集中し、市内外から多くの通勤者や買い物客が集まります。市街地やその周囲には住宅地や商店街が広がり、学生・新社会人などの単身者からファミリー世帯まで、多くの人が住む町となっています。

青葉区には東北大学をはじめとする多くの大学や専門学校があり、「学都仙台」を代表する文教地区を形成しています。『市博物館』『市科学館』『文学館』『せんだいメディアテーク』などの教育・文化施設や、国際文化交流の拠点である『国際センター』、豊齢化社会の活動拠点である『シルバーセンター』『福祉プラザ』、高度情報化社会に対応するための機能を備えた『情報・産業プラザ』など、多種多様な施設が設置されています。

東北大学 川内キャンパス メディアテーク ▲東北大学 川内キャンパス ▲メディアテーク

また、自然環境が豊かで温泉などの観光地も多く、四季折々に市民が楽しめるリゾート地として親しまれているそうです。平成27年12月、青葉区を横断するような形で地下鉄東西線が開通しました。南北線との乗り換えを利用することで、さらに広範囲への移動ができ便利です。

青葉区でお部屋をお探しの際は、ウェルプレイスが運営する賃貸情報サイトをご利用ください。市内を通る「地下鉄」、「JR仙石線」、「JR仙山線」の3路線をピックアップして、賃貸マンションを路線別に検索できるようにしております。各路線の特徴・特色や、お部屋探しに役立つ情報を豊富に掲載しておりますので、是非ご覧ください。

↑上へ

宮城野区エリアのご紹介

市内の北東部に位置し、仙台駅東地区から仙台港にかけて広がる地域である宮城野区エリアは、自然と文化にあふれています。国の天然記念物で樹齢1200年といわれる「乳銀杏」や、日本有数の渡り鳥の飛来地である「蒲生干潟」などの自然に囲まれています。また、岩切・原町エリアは、芭蕉や文人墨客がたどった塩釜街道沿いに町並みが開かれた地区で、今でも昔の面影を残しています。

一方で、都市機能の集積や良好な市街地形成を目指した大規模なプロジェクトが相次いで実施されてきました。仙台港周辺の一帯では、市の国際化を担う国際貿易港の整備と連携した新たな産業機能の集積に向けて、都市基盤の整備が進められています。三井アウトレットパーク、カインズホームをはじめとするショッピング施設が多数点在し、生活に便利な環境として発展し続けています。

ヨドバシカメラ 榴ヶ岡公園 ▲仙台駅東口 ヨドバシカメラ ▲榴ヶ岡公園

日の出町、扇町、苦竹エリアでは、車両や工業・流通関連企業が集まり、仙台港周辺の大規模工場と合わせて市の産業活動を支えています。岩切、高砂、岡田エリアでは都市型農業が営まれており、商・工・農業と住環境のバランスのとれたまちづくりが進められているそうです。

宮城野区は、62平方キロメートルというコンパクトなエリアながら、都心部、住宅・田園・工業・商業地域とさまざまな表情を持っています。

宮城野区の賃貸物件をお探しの方は、ぜひ不動産会社『ウェルプレイス』をご利用ください。ウェルプレイスのスタッフが、お客様一人ひとりにあったお部屋探しをお手伝いいたします。

1年を通して四季折々のイベントがあり、住み心地のよいこの街で素敵な賃貸物件を見つけてくださいね。

↑上へ

若林区エリアのご紹介

若林区は仙台の中でも長い歴史を持つ地域の一つで、坂も少なく、徒歩や自転車での移動もスムーズな住みやすい街です。また、面積当たりの都市公園の数が非常に多いエリアです。平成27年12月に地下鉄東西線が開通し、青葉区などへの移動がスムーズになりました。

陸上自衛隊 霞目駐屯地があり、年に一度の記念行事では訓練展示や体験試乗など様々なイベントが行われています。

新寺・連坊・荒町などのエリアはお寺が多いことでも有名です。『奥州仙臺七福神』と呼ばれる七福神の巡礼礼所が市内7ヶ所にあり、スタンプラリーが行われています。市有形文化財に指定されているお寺もあるので、一度巡礼してみるのもいいですね。

満福寺 林香寺 ▲満福寺 ▲林香寺

若林区の建物を仙台市全体と比較すると鉄筋コンクリート(RC)造の割合が高いそうです。また、分譲住宅が少なく、貸家、給与住宅の建設が多いそうです。居住専用準住宅や教育・学習支援行施設の比率が高いことも特徴の一つに挙げられます。

若林区をより住みよい魅力のある町とすることを目指し、行政と協働によるまちづくりの推進をすることを目的とした『若林区まちづくり協議会』という団体があります。若林区内の多くの市民や各種団体の皆さんが参加し、まちづくり活動のほか、まちづくりに関する広報活動などを行っているそうです。

昔からの若林区住民だけでなく、新築マンションへの入居者たちも町内会に参加できるように働き掛け、若林区に住むすべての人たちでよりよりまちづくりをしようと考えられています。このように活発なまちづくり活動が行われている若林区は、きっと住みやすい街になりますよね。

若林区で賃貸物件を検討される際は、ぜひ不動産会社『ウェルプレイス』をご活用ください。

↑上へ

太白区エリアのご紹介

太白区は、市南部に位置するエリアです。

絵に描いたような三角形の形を持つ『太白山』があり、長年にわたり人々から親しまれています。日本の国蝶として定められているオオムラサキや、豊富な種類の昆虫が生息することで知られており、一帯は県自然環境保全地域に指定されています。ハイキングコースが整備されており、バードウォッチングなどを通して自然と触れ合うことができるため、子供たちにも人気の太白区のシンボルとなっているそうです。

自然豊かなエリアがある一方で、長町方面まで足を伸ばすと、大型ショッピングセンター『ザ・モール仙台長町』などの商業施設もあります。食料品から衣類まで様々な商品が取り揃えられているほか、MOVIX仙台などの娯楽施設もあるため、幅広い年代の方々に利用されています。

また、太白区にはJR東北本線や地下鉄南北線などの駅が多く、都心部へのアクセスにも便利です。また、地下鉄東西線との乗り換えを利用することで、さらに広範囲への移動が可能です。

太白区には観光地も多く、仙台都心部から車で約20〜30分の場所にある『秋保温泉』は有名な観光地の一つです。また、地下鉄東西線を利用して行くことができる八木山エリアには、『八木山動物公園』『八木山ベニーランド』などのアミューズメント施設もあります。

八木山動物公園 八木山ベニーランド ▲八木山動物公園 ▲八木山ベニーランド

太白区で賃貸物件を探している方は、ぜひ不動産会社『ウェルプレイス』にお任せください。 地域密着型の当社スタッフが、お客様一人ひとりに合った賃貸物件をご紹介させていただきます。

↑上へ

泉区エリアのご紹介

泉区は、市の北部に位置するエリアです。かつては農業と山林の地域でしたが、住宅地の開発が進み、近年では市のベッドタウンとしての役割を担うようになりました。

泉区の中心部である泉中央エリアが都市計画として開発され、現在では仙台の副都心としての機能を有しています。地下鉄「泉中央」駅周辺には、ショッピング施設や飲食店、娯楽施設などが充実しています。また、都市公園である七北田公園があり、子どもから大人まで幅広い世代の方々に利用されています。

地下鉄「八乙女」駅すぐそばに、Jリーグ・ベガルタ仙台のホームスタジアムであるユアテックスタジアム仙台があり、試合の日は多くの観戦客が訪れます。丘陵地帯にある泉パークタウンには、泉プレミアム・アウトレットや宮城県図書館などの様々な施設が揃っています。また、泉区北西部には、泉ヶ岳スキー場や泉岳少年自然の家、泉ヶ岳キャンプ場などのレジャー施設があり、多種多様な施設が整っています。

ユアテックスタジアム セルバ ▲ユアテックスタジアム ▲泉中央駅 セルバ

泉区には『泉中央商栄会』という商店会があり、商業活動だけではなく、地域振興のために様々な活動を行っているそうです。主な活動としては、5月と10月の年2回開催する「イズミストリートフェスティバル」があり、泉中央駅前のペデストリアンデッキをメイン会場に、コンサートやフリーマーケット、縁日コーナーなどを行なっているそうです。

泉区で賃貸物件をお探しの方は、不動産会社『ウェルプレイス』に是非お任せください。 当社スタッフが、お客様のお部屋探しをお手伝いいたします。

↑上へ